日本のハーブ、和のハーブ

ハーブといえば料理のアクセントに使ったり
そのままハーブティにしたり・・・

使う機会は少ないけど、あったら心豊かになるもの。

ところでハーブというとあなたは何を思い浮かべますか?
バジル、ローズマリー、ミントとか?

これらはみんな西洋のハーブ。
実は日本にもハーブがあるの、知ってますか?

『ハーブ』とは香草とも呼ぶように香りのあるもの
また薬効の高い草のことをいいます。

和のハーブ、といえば・・・

三つ葉、よもぎ、柚子、わさび、ウド、生姜
とんぶり、あさつき、などなど。

こう並べると和食には欠かせないものですよね。

2019年6月の八百屋塾では
一般社団法人和ハーブ協会 理事長 古谷暢基さんの講演がありました。

講演で紹介された「和ハーブ」についてご紹介しますと・・・

「和ハーブ」は、江戸時代以前より日本各地で有用されてきた植物、と定義しました。日本原産の野生種や栽培種のほか、外来種も含みます。

・市販されている身近な和ハーブには、シソ、ミョウガ、ベニタデ、ミツバ、ワサビ、サンショウ、ショウガ、トウガラシ、ユズなどがあります。
・山菜として流通する和ハーブは、ワラビ、ウド、ゼンマイ、コシアブラ、アケビ、ノカンゾウなど。
・現在は流通が少ないのですが非常に価値が高い野生和ハーブとして、カタクリ、イブキジャコウソウ、カキドオシ、クロモジなど。
・ 伝統的「和薬」ハーブはドクダミ、ゲンノショウコ、チャノキ、キハダ、センブリなど。

この夏、和のハーブを楽しんでみませんか?

レシピ紹介

クックパッドから和のハーブを使ったレシピをご紹介します♪

柚子と生姜のドリンク

大葉ご飯

セリとシソのジェノベーゼ

 

八百屋塾の様子、詳しくはこちらをご覧ください。

梅雨時期の食べ物といえば…梅!

(語り:三金店主、西沢)

梅雨、季節ものといえば文字通り『梅』。

梅干用、梅酒用ってたくさん出てるけど
梅といえば、紀州の南高梅が有名だよね。

独特の赤い色、種が小さめでその分果肉が多い。

サイズはMやLよりも3L、4Lなど大きめのものが価値があるんだよ。
果肉が多いからね。

今は2Lが人気かな。

この時期に梅干しをつけて7月、夏になる前に梅干しを少しずつ食べて塩分をとる。汗をかく準備として理にかなった取り方なんじゃないかなぁ。

梅干しを作る時の塩分はだいたい20%、だけど最近は塩分控えめのものが多くなってきたよね。

塩は保存のために入れているんだから減らしちゃうと日持ちしないんだよ。

そこで塩に変わる、同じ保存効果のある砂糖を入れる。

はちみつが入っているのもあるよね。
甘い梅干しができた理由はこういうことなんじゃないかな。

 

近頃はね、梅酒よりも梅シロップを作る人が多くなったんだよ。
三金でも毎年梅シロップを作ってますよ。

『三金流 梅シロップの作り方』

・洗ってヘタをとった梅を2日くらいしっかり凍らす。

・梅と氷砂糖を3:2の割合で瓶に入れる。

1日で梅の氷が溶けて半分くらいになるので凍った梅を追加する。
また1日経つと半分に減るのでさらに凍った梅を入れる。
分量の目安は瓶の上まで埋まるくらい。

あと、最初にコップ1杯のお酢を入れるのも三金流♪
ぶくぶくと発酵しちゃうのを止めるんだよ。

・2週間後、氷砂糖が溶けたら飲めるよ。

水で割っても焼酎で割ってもいいからね。

フード・マイレージって知ってますか?

文字通り食料(フード)の採れた場所から食べる場所への輸送距離(マイレージ)のことです。

輸送による二酸化炭素の排出を測ります。

計算の仕方は
「食料の輸送量」×「輸送距離」=フード・マイレージ(t・km)

フード・マイレージの数値が低いほど、環境への負荷が少ないということです。

photo by pixabay

日本はほとんどの食料を輸入に頼っているので
世界でダントツ1位のフード・マイレージの高い国なんです。

「地産地消」という考え方がありますが
実際には世界中から食べ物を輸入しています。

遠くから運んでくるためにはまだ未熟な状態で収穫をして
傷まないような処置をしてトラック、飛行機などであなたの元にやってきます。

栄養面でも地のものと差が出るとか。

これからは野菜を買う時に産地を気にしてみてね♪

買ってきた野菜を保存するとき

野菜は畑にある状態と同じように保存すると持ちますよ。

どういうことかというと・・・

例えば、今の時期ならアスパラガス。
穂先を上にして野菜室へ。

野菜は収穫しても上へ上へと伸びる性質を持っています。
横にしてしまうとその状態で穂先が上へ伸びようとして途中から曲がってしまうんです。

収穫する前は土から栄養を取り入れることができるけど
切ってしまったら野菜が蓄えているものを使わざるを得ない。

そうすると野菜が持っているエネルギー、力を無駄に使ってしまうことになって
栄養も味もおちてしまう・・・

せっかく新鮮な野菜を買ってきてもそれじゃあもったいない!

保存する時はそんなことをちょっと意識してみてください。